酢〆ぶりのてまり寿司

米料理・チャーハン

酢〆ぶりのてまり寿司

ぶりの酢漬けに使用する酢の量はさくの大きさに合わせて調整してください。酢を浸透させるのに時間がかかりますが、そのまま刺身で食べるのとはまた違った味わいを楽しむことができます。マスタードと山椒が味のアクセントに。

調理時間:20分ぶりを漬け込む時間、米の炊飯時間を除く

  • アレンジレシピ投稿0

材料2人分

  • [ぶりの酢漬け(作りやすい分量)]
    ぶり さくを使用
    120g
    30g
    米酢
    150cc
  • ご飯
    170g
  • 赤酢
    大さじ2
  • ひとつまみ
  • マスタード
    少々
  • 粉山椒
    少々
  • 粒山椒 トッピング用
    少々

作り方

  • 1

    ぶりの酢漬けを仕込む。
    ぶりの身に塩をまぶし、30分ほど置く。流水で塩を洗い流し、余分な水分をキッチンペーパーで拭き取ってから、米酢に漬け込む。

  • 2

    1時間ほど経ったら一度取り出し、酢を浸透させる。再度酢に浸してから取り出し、3〜4時間ほど放置して酢をしっかり浸透させる。

  • 3

    ご飯に赤酢、塩を加えて混ぜ、15g程度の小分けにして丸める。

  • 4

    ぶりの酢漬けは3mm程度の薄切りにし、マスタードと粉山椒を混ぜたペーストを表面に塗る。

  • 5

    絞ったさらし布巾(ラップで代用可)に丸めたご飯をのせ、ペーストを塗った面が内側になるようにぶりの切り身をかぶせる。茶巾に絞り、丸くなるよう形を整える。

  • 6

    ばらん(あれば)を敷いた器に並べ、お好みで粒山椒をトッピングして完成。

アレンジレシピ

プロのレシピを自分流にアレンジして、
みんなに披露しよう!

こちらのレシピもオススメ!

  • 菜の花、うど、はまぐりのサラダ 

    菜の花、うど、はまぐりのサラダ 

    片岡護の本格イタリアン

  • チーズ餅のサルティンボッカ

    チーズ餅のサルティンボッカ

    片岡護の本格イタリアン

  • 青海苔焼き飯

    青海苔焼き飯

    田村隆のあなたも作れる本格和食

  • イタリアン麻婆豆腐

    イタリアン麻婆豆腐

    片岡護の本格イタリアン

  • ビーツのスープ

    ビーツのスープ

    片岡護の本格イタリアン