セロリ:古代から現代へ、多用途な西洋野菜の魅力と活用法

セロリは、その独特な香りと多用途性で古代エジプトやギリシャから愛されてきました。日本には豊臣秀吉の朝鮮出兵の際にもたらされたと言われていますが、洋風の食生活が一般的になるまでは、あまり一般的な野菜ではありませんでした。この記事では、セロリの魅力や選び方、そして活用法についてご紹介します。

セロリとその仲間たち

セロリの名前は、英名から来ています。日本で一般的に「セロリ」と呼ばれているもの以外にも、別名で中国セロリの芹莱(キンツアイ)や、これに似たスープセロリなども存在します。

選び方のポイント

セロリを選ぶ際は、茎が太くて長く、葉がしっかりとしているものを選びましょう。これが新鮮で美味しいセロリのサインです。

活用法:料理の幅を広げよう

  • サラダ: 茎を使用して、シャキシャキとした食感を楽しめます。
  • 中国風のあえ物: 茎を切って、独特の風味を活かした料理が作れます。
  • オードブル: 茎のくぼみに詰め物をして、見た目にも楽しい料理に。
  • スープやシチュー: 茎や葉を加えることで、一層風味豊かな料理に。
  • 芹菜の活用: 芹莱(キンツアイ)は、特に中国風の料理でよく使用されます。

セロリは多様な料理に活用できるため、一つ買っても様々な料理で楽しめます。葉も捨てずに、スープやシチューの浮き実などに使ってみてください。

セロリを使ったおすすめレシピ

セロリはその独特な風味と多用途性で世界中で愛されています。特に、その風味を生かしたサラダや炒め物は、シンプルでありながら食卓を豊かにします。今回は、セロリを使ったサラダのレシピをご紹介します。

セロリとサラダ菜のクリームドレッシングサラダ

材料(4人前)

  • サラダ菜:12枚
  • クリームドレッシング:適量
    • 酢:大さじ2
    • レモン汁:大さじ1
    • サラダ油:大さじ5~6
    • 塩:小さじ1
    • こしょう:少々
    • 卵黄:1個
    • 生クリーム:大さじ5
  1. セロリは筋を除いて4cm長さに切り、縦に薄切りにします。
  2. サラダ菜は冷水にさらしてシャキッとさせます。
  3. クリームドレッシングを作ります。酢、レモン汁、塩、こしょうをよく混ぜ、サラダ油を加えます。
  4. 別のボウルで卵黄をよく混ぜ、作成したドレッシングを加えます。
  5. 最後に生クリームを加え、なめらかなドレッシングに仕上げます。
  6. セロリとサラダ菜を美しく盛り付け、ドレッシングとこしょうをトッピングします。

以上、セロリの基本的な知識と活用法についてご紹介しました。この美味しくて便利な西洋野菜を、ぜひ日々の食卓に加えてみてください。

エピレシピ特選レシピをご紹介

春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。

会員ログイン

無料会員登録

ソーシャルメディアはこちらから登録してください。

Google+でログイン

ログインに使うIDとパスワードを設定してください。

パスワード再設定

パスワード再設定用のメールを送信します。
ご登録時のメールアドレスを入力して「送信する」ボタンをクリックしてください。

Membership

An active membership is required for this action, please click on the button below to view the available plans.