あいなめの魅力とレシピの紹介

あいなめとは?

あいなめ、または関西ではあぶらめと呼ばれる魚は、25〜30cmの体長を持つ白身の磯魚です。さっぱりとした味わいでありながら、適度な脂がのっており、釣り人にはなじみ深い味わいを提供します。旬は地域によって異なり、関西では春、関東では初夏に最も美味しいとされています。新鮮なあいなめを選ぶ際は、ぬめりのあるものを選ぶと良いでしょう。

あいなめの食べ方

あいなめは小骨が多いため、調理の際は骨切りすると食べやすくなります。照り焼き、煮付け、鍋物、椀だねなど、様々な料理法で楽しめます。また、新鮮ならば刺身としても逸品です。

あいなめの唐揚げ

  • あいなめ:1匹
  • とうがらし:8〜12本
  • 塩・こしょう:各少々
  • かたくり粉:適量
  • 揚げ油:適量

​​

  1. あいなめを三枚におろし、腹骨を取り除き、細かく深く切り込みを入れて骨切りをします。食べやすい大きさに切り分けます。
  2. 塩・こしょうで味付けし、かたくり粉をまぶして180℃の油で揚げます。
  3. とうがらしは軽く切り込みを入れ、油に入れてサッと炒めます。

あいなめの木の芽焼き

  • あいなめ:1匹(約600g)
  • 木の芽:15〜20枚
  • グリーンアスパラガス:4〜6本
  • つけ汁(材料は適宜準備)

​​

  1. あいなめを三枚におろし、腹骨を取り除きます。皮目をまな板に密着させ、間隔を開けて包丁を入れ、6〜7cmの長さに切ります。
  2. つけ汁の材料を合わせ、あいなめを30分〜1時間漬け込みます。
  3. 木の芽は細かく切り、つけ汁は煮立てます。アスパラガスは皮をむき、4cmの長さに切ります。
  4. あいなめを焼き、つけ汁と木の芽を加えます。アスパラガスも焼き、つけ汁をかけて盛り付けます。

あいなめはその独特の味わいで、多彩な料理を楽しむことができます。これらのレシピを試して、あいなめの魅力を存分に堪能してみてはいかがでしょうか。

あいなめを使ったエピレシピ特選レシピもご紹介

春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。

会員ログイン

無料会員登録

ソーシャルメディアはこちらから登録してください。

Google+でログイン

ログインに使うIDとパスワードを設定してください。

パスワード再設定

パスワード再設定用のメールを送信します。
ご登録時のメールアドレスを入力して「送信する」ボタンをクリックしてください。

Membership

An active membership is required for this action, please click on the button below to view the available plans.