いわしの魅力を再発見 – 栄養豊富なレシピで楽しむ日本の食文化

この記事では、いわしの特徴や、栄養・健康効果、さらにはいわしを使ったおすすめレシピをご紹介します。いわしは、私たちの食卓に馴染み深い魚です。その手頃な価格と美味しさから、庶民的な魚の代表格とも言えるでしょう。

いわしの特徴

日本では、特に真いわしと呼ばれる種類が一般的です。真いわしは大きさによって、18cm以上のものを大羽、12cm前後を中羽、それより小さいものを小羽と分けて呼ばれています。

さらに、うるめいわしや片口いわしなど、いわしの仲間には様々な種類が存在しています。

いわしはほとんど一年中手に入りますが、特に旬を迎えるのは春から夏にかけてです。

鮮度が落ちやすいため、購入時には赤茶けたものや腹が割れたもの、目が赤いものなどは避けた方が良いでしょう。鮮度の良いいわしは、透き通るような輝きを持ち、生命力を感じさせます。

いわしの栄養と健康効果

いわしには、不飽和脂肪酸の一種であるイコサペンタエン酸が豊富に含まれています。この成分は、心臓病の予防やコレステロールの低下に効果があるとされています。また、カルシウムやDHA、EPAなども豊富で、健康維持には欠かせない魚です。

いわしを使ったおすすめレシピ

いわしの梅煮と刺身風サラダのレシピ

材料(4人前)

  • しょうが:1かけ
  • さやえんどう:少々
  • 梅じそまたは梅干し:適量
  • 塩、酒、みりん、しょうゆ

作り方

  1. いわしはウロコを除いて頭を落とし、腹に切り目を入れて内臓を取り除き、よく水洗いする。
  2. しょうがはせん切りにし、さやえんどうは筋を除き、塩少々を加えた熱湯で色よくゆでる。
  3. 鍋に酒1カップ、みりん大さじ2を入れて火にかけ、煮立ててアルコール分を飛ばす。
  4. しょうが、しょうゆ1カップ、梅じそ、水1カップを加えていわしを並べ入れ、木ぶたをぬらして落としぶたにし、中火で8〜10分煮る。
  5. 煮汁をかけながらさらに4〜5分煮て器に盛り、煮汁でサッと煮たさやえんどうを添える。

いわしの刺身風サラダ

材料(4人前)

  • いわし(刺身用):4匹(約200g)
  • しょうが(大):1かけ
  • あさつき:5〜6本
  • 塩、しょうゆ

作り方

  1. いわしはウロコ、頭、腹ワタを除いて塩少々を加えた水で洗い、手開きにして中骨をはずす。
  2. 二枚に切り離して腹骨をすき取り、皮を頭のほうから引いて片身を二つ〜三つのそぎ切りにする。
  3. しょうがは皮をむいてすりおろし、あさつきは小口切りにする。
  4. いわしと薬味を器に盛り、しょうゆを添えて供する。

今回ご紹介したいわしの梅煮と刺身風サラダのレシピは、いわしの魅力を存分に引き出すものです。梅煮は、いわしの豊かな味わいに梅の酸味が加わり、さっぱりとした味わいが特徴です。一方で、刺身風サラダはいわしの新鮮さを活かし、薬味のしょうがやあさつきがさらなる風味を加えています。これらのレシピを通じて、いわしを使った様々な料理の可能性を感じ取ることができるでしょう。

いわしは栄養価が高く、手に入りやすい魚です。そのため、日々の食卓に取り入れることで、健康的かつ経済的なメニューを実現することが可能です。今回のレシピを参考に、いわしを使った様々な料理に挑戦してみてください。

いわしを使ったエピレシピ特選レシピもご紹介

春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。

会員ログイン

無料会員登録

ソーシャルメディアはこちらから登録してください。

Google+でログイン

ログインに使うIDとパスワードを設定してください。

パスワード再設定

パスワード再設定用のメールを送信します。
ご登録時のメールアドレスを入力して「送信する」ボタンをクリックしてください。

Membership

An active membership is required for this action, please click on the button below to view the available plans.