そらまめの旬や選び方、美味しいおすすめレシピ

そらまめ、またはそらまめと呼ばれるこの豆は、食材として多面的な存在です。未熟なものは緑の野菜として楽しみ、成熟させると乾燥豆としても利用されます。名前の由来は、さやが上向きに成長する特性から来ています。特にイタリアやスペインでは新石器時代からその存在が確認されており、8世紀には日本にも伝わっています。この記事では、蚕豆の旬と選び方、そして美味しい食べ方まで詳しくご紹介します。

旬と選び方

そらまめは基本的に盛夏から初秋にかけて収穫されますが、特に旬は初夏です。この時期には、美味しさが一段と増します。選び方のポイントは、色鮮やかな緑色のさやに、白いけばが薄く付いているものを選ぶこと。また、軽く押してみて中の実がしっかりと入っているか確認しましょう。

美味しい食べ方

蚕豆の最もシンプルな食べ方は塩ゆでです。しかしそれだけでなく、甘煮やスープ、バター煮にすることもあり、和洋中問わず多くのレシピで活躍します。特に暑い季節には、よく冷えたビールと一緒に楽しむと格別です。

そら豆を使ったレシピ:ひすい煮とオイスターソース風味の牛肉炒め

そらまめは日本料理だけでなく、中華料理でもよく使われる食材です。今回は、そら豆を使った日本の「ひすい煮」と、中国風の「牛肉とそら豆の炒め物」の2つのレシピをご紹介します。どちらも手軽に作れて、そら豆の美味しさを堪能できる一品です。

ひすい煮

材料(4人前、約90kcal)

  • そら豆(さやつき): 400g
  • 砂糖・塩
  1. そら豆はさやから取り出し、薄皮を剥いて1粒を2枚に剥がします。
  2. 鍋に水1カップを入れて火にかけ、砂糖1カップと塩小さじ1弱を加えてひと煮立ちさせます。
  3. そら豆を加えて4〜5分煮て火を通し、ざるなどで冷ます。
  4. 冷ました煮汁にそら豆を浸し、冷蔵庫でしっかりと味を含ませた後、器に盛ります。

牛肉とそら豆の中国風炒め物

材料(4人前、約250kcal)

  • そら豆(さやつき): 700g
  • ねぎ(斜め切り): 5cm
  • しょうが(薄切り): 1〜2枚
  • 牛薄切り肉: 300g
  • オイスターソース: 大さじ1
  • 塩・しょうゆ・酒・かたくり粉・サラダ油・ごま油
  1. そら豆はさやから取り出して薄皮を剥きます。
  2. 牛肉は一口大に切り、しょうゆ大さじ1と酒大さじ1、かたくり粉少々をまぶします。
  3. 中華鍋にサラダ油大さじ2〜3を熱し、ねぎとしょうがを弱火で炒めます。
  4. 香りが出たら牛肉を加えて強火で炒め、色が変わったらオイスターソースとしょうゆ大さじ1を加えます。
  5. 最後にそら豆を加えてサッと炒め合わせ、ごま油小さじ1〜2で香りをつけます。

どちらのレシピも簡単に作れるので、是非お試しください。そら豆の新鮮な旨みと、それぞれのレシピの風味が絶妙にマッチします。

エピレシピ特選レシピをご紹介

春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。

会員ログイン

無料会員登録

ソーシャルメディアはこちらから登録してください。

Google+でログイン

ログインに使うIDとパスワードを設定してください。

パスワード再設定

パスワード再設定用のメールを送信します。
ご登録時のメールアドレスを入力して「送信する」ボタンをクリックしてください。

Membership

An active membership is required for this action, please click on the button below to view the available plans.