コンビーフの特徴、選び方、栄養と、コンビーフを活用した美味しいレシピ

コンビーフは、牛肉を主原料とした加工食品で、特に肩やももなどの部位が使用されます。この食品は塩漬けにした後、高圧で加熱し、肉の繊維をほぐしてから細かく刻み、調味料やスパイスを加えて缶詰にされることが一般的です。発色剤が加えられることもあり、これは商品の色調を整えるために使われます。

国産と輸入品

日本国内で生産されたコンビーフは、国産の高品質な牛肉を使用していることが多く、高級品として扱われることもあります。また、海外から輸入される製品も市場に出回っており、その選択肢は豊富です。

コンビーフの選び方

コーンドビーフは牛肉を使用するものが主流ですが、馬肉やその他の肉を混ぜた商品も存在します。これらは「ニュー・コンビーフ」と表示されることがありますので、購入時は表示を確認することが大切です。また、製造から約6ヶ月後の商品が特に美味しいとされています。このため、製造年月日も選択の際の重要な参考になります。

栄養価とカロリー

コンビーフの原材料には、脂肪の少ない牛肉が用いられますが、製造過程で約18%の牛脂が加えられるため、熱量は高めです。実際に和牛のロース肉に匹敵するカロリーを持っています。

コンビーフを使ったおすすめレシピ

コンビーフは、そのまま食べるだけでなく、さまざまな料理に活用できます。例えば、サンドイッチの具材として、サラダに加えて味わいを深めるために、野菜と一緒に炒めたり、煮込んだりすることもできます。細かくほぐして使用することにより、料理のアクセントとしても優れた存在です。

コンビーフは、その多様性と独特の味わいで、多くの食卓に愛されています。缶詰としての手軽さもあり、非常食や保存食としても利用されることが多いです。様々な料理法で楽しめるコーンドビーフは、日常の食卓に新たな風味をもたらしてくれるでしょう。

コンビーフとじゃがいもの炒め物

材料(4人前、220kcal)

  • コンビーフ(缶詰):1缶(約200g)
  • じゃがいも:400g
  • 細ねぎ(小口切り):28本

作り方

  1. コンビーフをフライパンに入れ、中火でつき崩しながらカリカリになるまで炒める。
  2. じゃがいもは皮つきのまま電子レンジ(600W)で約10分加熱し、皮を剥いて1cm厚の半月形かいちょう形に切る。
  3. レモン汁とだし、調味料を合わせ、細ねぎを混ぜる(具体的な量は記載されていない)。
  4. じゃがいもをコンビーフに加え、じゃがいもがカリッとするまで炒め合わせる。
  5. 最後に3の調味液をかけて混ぜ合わせる。

コンビーフと新キャベツの蒸し煮

材料(4人前、160kcal)

  • コンビーフ(缶詰):1缶(約200g)
  • 新キャベツ:1/4コ

作り方

  1. キャベツは堅い茎を取り除き、ザク切りにする。
  2. 深めの鍋にキャベツを水気をつけたまま入れ、ほぐしたコンビーフを上から散らす。酒大さじ2〜3を振りかけ、蓋をして中火より弱めで15〜20分蒸し煮にする。
  3. キャベツが柔らかくなったら、薄口しょうゆ大さじ1〜2を加えてざっくり混ぜ合わせ、蓋をせずに1〜2分煮て完成。

これらのレシピは、コンビーフの旨味と野菜の甘みを活かしたシンプルで美味しい料理です。コンビーフの独特な風味が、じゃがいもやキャベツと相性抜群で、手軽に作れるので、忙しい日の夕食や、ちょっとしたパーティー料理にも最適です。ぜひ、チャレンジしてみてください!

コンビーフを使ったエピレシピ特選レシピもご紹介

春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。

会員ログイン

無料会員登録

ソーシャルメディアはこちらから登録してください。

Google+でログイン

ログインに使うIDとパスワードを設定してください。

パスワード再設定

パスワード再設定用のメールを送信します。
ご登録時のメールアドレスを入力して「送信する」ボタンをクリックしてください。

Membership

An active membership is required for this action, please click on the button below to view the available plans.