季節の味覚を堪能:たけのこの魅力とおすすめレシピ

季節の変わり目に現れる、新緑の象徴ともいえる「たけのこ」。特に京都産のたけのこの品質は一級品とされています。今回は、たけのこの種類から旬、選び方、そして美味しい食べ方までをご紹介します。

たけのこの種類:孟宗竹から真竹まで

一般的によく知られているのは孟宗竹のたけのこで、春先に収穫されることが多いです。味は淡泊で、さっぱりとした料理によく合います。真竹のたけのこも美味で、より太くて短い形が特徴です。

また、「細たけのこ」と呼ばれる笹のように根曲がりした形のものも存在します。

旬と選び方:新鮮なものを見つけよう

たけのこは促成栽培や輸入品もあるため、一年中手に入りますが、旬は4月上旬から約1ヶ月です。選ぶ際には、太くて短いもの、そして皮が乾いていないものが新鮮です。えぐみが出ないよう、その日のうちに下処理をすることがおすすめです。

たけのこの食べ方:パートごとに使い分け

たけのこの穂先や中ほどは、煮物やスープに最適です。堅い根元部分は、ご飯に炊き込んだり、煮物に使うことが多いです。柔らかい姫皮は、あえ物や椀だねに使われることが多いです。

若僧煮とそのアレンジレシピ:たけのこの美味しさを堪能しよう

たけのこを使った料理といえば、季節感あふれる「若僧煮(わかそうに)」があります。今回は、基本の若僧煮のレシピと、ちょっとしたアレンジレシピをご紹介します。

基本の若僧煮レシピ

材料(4人前、約170kcal)

  • ゆでたたけのこ:1本(約200g)
  • 生わかめまたは塩蔵を戻したもの
  • だし:4カップ
  • 酒・みりん・薄口しょうゆ

手順

  1. たけのこは穂先から4~5cmを縦に二つ~四つに切り、他は2cm厚さの輪切りにする。
  2. わかめは食べやすい大きさに切る。
  3. なべにたけのことだしを入れ、落としぶたをして強火にかける。煮立ったら火加減を調整し、酒を1カップ加えて15分煮る。
  4. みりん大さじ2~3、薄口しょうゆ大さじ3を加えて40分煮る。最後にわかめを加えてサッと火を通す。

アレンジレシピ:豚肉とたけのこの炒め物

材料(4人前)

  • 細たけのこ(水煮):250g
  • 豚もも肉(薄切り):120g
  • ふくろだけ(缶詰):80g
  • ぎんなん:18コ
  • くこの実:大さじ1
  • しょうが(薄切り):2~3枚

手順

  1. 細たけのこ、ふくろだけを切り、くこの実を戻す。
  2. 豚肉は一口大に切り、下味をつける。
  3. 豚肉とぎんなんを揚げる。
  4. たけのこと他の材料を炒め合わせ、調味料を加える。

まとめ:たけのこで春を感じよう

たけのこは、春の訪れを感じさせる食材の一つです。

種類も多く、それぞれの部位で使い方も異なるため、多彩なレシピで楽しむことができます。旬の時期には特に美味しく、新鮮なものを選ぶことでその魅力を最大限に引き出せます。

この春は、新鮮なたけのこを使った料理で、季節の移り変わりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

エピレシピ特選レシピをご紹介

春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。

会員ログイン

無料会員登録

ソーシャルメディアはこちらから登録してください。

Google+でログイン

ログインに使うIDとパスワードを設定してください。

パスワード再設定

パスワード再設定用のメールを送信します。
ご登録時のメールアドレスを入力して「送信する」ボタンをクリックしてください。

Membership

An active membership is required for this action, please click on the button below to view the available plans.