秋の味覚、くりの魅力と楽しみ方 ー 旬の食材を楽しもう

秋の訪れとともに、くりの季節がやってきます。どんぐりの仲間であるくりは、古代から食べられてきた食材であり、今でも日本の秋の味覚として楽しまれています。さまざまな品種があり、その特徴や楽しみ方をご紹介します。

秋の訪れとともに、くりの季節がやってきます。どんぐりの仲間であるくりは、古代から食べられてきた食材であり、今でも日本の秋の味覚として楽しまれています。今回は、くりの品種や特徴、栄養価とその活用方法について詳しくご紹介します。

くりの品種と特徴

くりはどんぐりと同じブナ科の仲間で、日本では古くから野生のものが食べられてきました。その後、果樹として栽培が進み、さまざまな品種が生まれました。代表的な品種には、大粒で甘みが強い「丹波」や「銀寄」があります。焼きぐりとして売られている甘ぐりは、小粒でありながら甘みが豊かで、渋皮が簡単にむけるのが特徴です。ただし、甘ぐりは中国原産のため、日本での自家栽培は難しいです。

くりの旬と選び方

くりの旬は8月下旬から始まり、10月に出荷量が最も多くなります。また、保存がきくため、店頭には年末まで楽しむことができます。選ぶ際には、皮がしっかりとついていて、傷やしみがないものを選びましょう。重みがあり、ふっくらとしたものが新鮮です。

くりの栄養と料理への活用

くりは果物の仲間ですが、実は種実類であり糖質を多く含んでいます。ビタミンC、カリウム、食物繊維などの栄養素も豊富です。シンプルな味わいを楽しむためには、ゆでてそのまま食べるのがおすすめです。また、甘煮や焼きくり、くりご飯やきんとん、和菓子や洋菓子など、さまざまな料理に活用できます。特に、鶏と煮込んだり、炒め物に加えたりすると、独特の風味が楽しめます。市販の甘煮のくりも手軽に利用できるので、ぜひ試してみてください。

まとめ

秋の訪れを感じさせるくり。その特有の味わいと風味を存分に楽しむことができる食材です。シンプルなゆでくりから、さまざまな料理にアレンジして楽しんでみてください。秋の味覚を堪能し、季節の変わり目を楽しんでください。

エピレシピ特選記事

春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。
春野菜のパスタ ローズ風味
春野菜をたっぷり使ったパスタ。

会員ログイン

無料会員登録

ソーシャルメディアはこちらから登録してください。

Google+でログイン

ログインに使うIDとパスワードを設定してください。

パスワード再設定

パスワード再設定用のメールを送信します。
ご登録時のメールアドレスを入力して「送信する」ボタンをクリックしてください。

Membership

An active membership is required for this action, please click on the button below to view the available plans.