南京豆腐

野菜のおかず

南京豆腐

かぼちゃは蒸し器を使わず、電子レンジで火を通しても構いません。葛はしっかり火を通すことで、もちもちとした独特の食感を出すことができます。油断するとすぐに焦げてしまうので、火加減には注意してください。

調理時間:30分固める時間を除く

  • アレンジレシピ投稿0

材料4~6人分

  • かぼちゃ 皮・種を除く
    150ℊ
  • 700㏄
  • くず粉
    75ℊ
  • あたりごま
    50ℊ
  • [A]
    2g
    日本酒
    大さじ1
  • [B]
    昆布だし
    大さじ2
    八方味美人(醤油+みりんで代用可)
    大さじ1
  • おろししょうが
    適量

作り方

  • 1

    かぼちゃを蒸し器にかけ、柔らかくなるまで蒸す(目安12分)。かぼちゃを薄く切っておくと火の通りが早い。

  • 2

    ふるいを使ってかぼちゃを裏ごしする。かぼちゃのだまが残っていても食感が楽しめる料理なので、綿棒で潰す、または袋に入れて揉み潰すといったやり方でもOK。

  • 3

    手鍋に水を入れ、裏ごししたかぼちゃを加える。手鍋の上にざるを置き、その中にくず粉とあたりごまを入れ、ゴムベラで漉しながら溶かす。くず粉は沈みやすいのでしっかり混ぜておく。

  • 4

    鍋を火にかけ、木べらで混ぜながら溶かす。最初は中火で、だんだん固まってきたら弱火に。火が強すぎると鍋底が焦げてしまうので注意。鍋の周りをこそげ落とすようにしながら、底からまんべんなく混ぜるようにする。

  • 5

    練り時間の目安は10分ほど。途中、鍋の周りが固まってきたら、火からおろしてなじませてから再度火にかける。葛にしっかりと火を通し、木べらから液が三角に垂れ落ちるくらいの固さになったら火からおろす。Aを鍋に加えて全体をよく混ぜたら、再度火にかけてなじませる。

  • 6

    水で濡らしたゴムベラで鍋のへりをこそげ落とし、キッチンペーパーを敷いておいたガラス容器に静かに流し入れる。流し入れたあと、表面にキッチンペーパーを貼り付けておくと乾燥するのを防げる。

  • 7

    容器ごと氷水に浸けて冷ましておき、固まったらガラス容器から外し、好みの厚さに切り分けて皿に盛る。Bをかけ、お好みでおろししょうがを添える。

アレンジレシピ

プロのレシピを自分流にアレンジして、
みんなに披露しよう!

こちらのレシピもオススメ!

  • トマトクリームのパスタ

    トマトクリームのパスタ

    片岡護の本格イタリアン

  • 豚肉とかぼちゃの混ぜご飯

    豚肉とかぼちゃの混ぜご飯

    田村隆のあなたも作れる本格和食

  • セロリのピクルス

    セロリのピクルス

    田村隆のあなたも作れる本格和食

  • アボカドそば

    アボカドそば

    田村隆のあなたも作れる本格和食

  • タコの焼きそば

    タコの焼きそば

    脇屋友詞の本格中華