竹の子の飛龍頭

豆腐料理

竹の子の飛龍頭

竹の子は下の固い部分をあえて使います。そのままだと食べにくいけれど、すりおろせばおいしく食べることができるからです。
油の温度は油の中に箸を入れたときの状態でみることができます。低温のときは箸から小さい泡が静かに出ますが、高温になるにつれ、箸から大きな気泡がたくさん出ます。この状態のときに揚げるようにしましょう。

調理時間:25分

  • アレンジレシピ投稿0

材料3人分

  • 竹の子 茹でたもの。※別レシピ「竹の子の下茹で」をご参照ください。
    100g
  • にんじん
    20g
  • しいたけ
    20g
  • ごぼう
    20g
  • 焼き豆腐
    1丁
  • しその実
    20g
  • 大和いも
    50g
  • [だし汁]
    かつおだし
    2カップ
    砂糖
    大さじ2
    薄口醤油
    大さじ2
    みりん
    大さじ1
    大さじ2

作り方

  • 1

    にんじんとしいたけは千切りにする。ごぼうはささがきにして水にさらしておく。焼き豆腐は水気をきる。しその実は水で洗い、水気をきっておく。

  • 2

    大和いもを摩り下ろす。(写真のように火にあぶって表面のひげを軽く落としておくと、皮をむく必要がない。)

  • 3

    竹の子を摩り下ろす。

  • 4

    水気をきった焼き豆腐をボールに入れて手で混ぜ、形がなくなったところに、摩り下ろした竹の子を加えて全体がまとまるくらいに混ぜる。

  • 5

    【4】ににんじん、しいたけ、ごぼう、しその実、摩り下ろした大和いもを加え、さらによく混ぜる。

  • 6

    たっぷりの油を熱したら【5】をゴルフボールくらいの大きさに手でちぎり、揚げていく。
    全体がこんがりしたらバッドに出す。

  • 7

    揚げた飛龍頭を鍋に並べ、そこにだし汁の材料をすべて加えて火にかけ、ひと煮立ちさせる。

  • 8

    飛龍頭を器に入れ【7】のだし汁を注げば完成。

アレンジレシピ

プロのレシピを自分流にアレンジして、
みんなに披露しよう!

こちらのレシピもオススメ!

  • 豚ロースの精進醤かけ

    豚ロースの精進醤かけ

    脇屋友詞の本格中華

  • 大根とザーサイの炒め

    大根とザーサイの炒め

    脇屋友詞の本格中華

  • 白子入り茶碗蒸し

    白子入り茶碗蒸し

    片岡護の本格イタリアン

  • ぶり大根

    ぶり大根

    田村隆のあなたも作れる本格和食

  • うどの炊き込みご飯

    うどの炊き込みご飯

    田村隆のあなたも作れる本格和食