豚ロースのツナソース

前菜  肉を使った前菜

豚ロースのツナソース

千切りはフランス語でジュリエンヌといいます。豚肉とソースを重ねることで、お肉にソースを漬け込むことができます。ツナペーストはこのままでも十分おいしいですが、マヨネーズなどを加えてツナソースにしたり、色々な料理に使うことができます。

調理時間:45分豚肉・フレンチドレッシングの調理時間を除く

  • アレンジレシピ投稿0

材料2~3人分

  • ツナ缶
    1缶
  • ケーパー 粗みじん
    大さじ1
  • マヨネーズ
    大さじ5
  • レモン汁
    小さじ2
  • 玉ねぎ
    30g
  • 豚肉のロースト
    300g
  • オレンジ
    1個
  • 少量
  • いんげん
    6本位
  • フルーツトマト
    2個
  • [※]
    基本のフレンチドレッシング
    大さじ1
    あさつき 小口切り
    小さじ1
    バルサミコ酢
    小さじ1
    レモン汁
    小さじ1
    白ワインビネガー
    小さじ1
    少量
    黒こしょう
    少量
    オリーブオイル
    小さじ2
    ニンニク みじん切り
    小さじ1
  • ケーパー 仕上げ用
    適量
  • イタリアンパセリ 仕上げ用・みじん切り
    適量

作り方

  • 1

    ツナ缶は油を切り、ケーパーと一緒にフードプロセッサーでかくはんし、裏ごししてツナペーストを作る。

  • 2

    出来上がったツナペーストにマヨネーズ、レモン汁を加えツナソースを作る。玉ねぎは薄くスライスし、水にさらしておく。

  • 3

    ローストした豚肉を薄切りにし、薄くカットしたオレンジ(1/2個分)を豚肉の上にのせ、香りを移す。

  • 4

    残りのオレンジの皮をむき、千切り(ジュリエンヌ)にする。

  • 5

    余った果肉の半分を仕上げ用にカットしておき、残りの果肉は【3】にしぼりかける。

  • 6

    湯を沸かし、塩を入れたのち、【4】の皮を強火で1分茹で、バッドに出しておく。いんげんも同様にさっと茹でておく。

  • 7

    バッドにツナソースを適量塗り、【3】の豚肉を5枚のせ、さらにツナソースを塗る。この工程を豚肉が無くなるまで重ねる。

  • 8

    トマトをくし切りに8等分し、茹でたいんげんとさらし玉ねぎを一緒にボールに入れ、※を加えてよく混ぜ合わせる。

  • 9

    【8】を皿に重ねるように盛り、【7】の豚肉を2枚かぶせる。その上にオレンジの皮と仕上げ用のオレンジをのせ、ケーパー・イタリアンパセリを散らして完成。

アレンジレシピ

プロのレシピを自分流にアレンジして、
みんなに披露しよう!

こちらのレシピもオススメ!

  • わかめとセロリのスープ

    わかめとセロリのスープ

    脇屋友詞の本格中華

  • ポルチーニソース

    ポルチーニソース

    片岡護の本格イタリアン

  • 苦瓜と豚肉のブラックビーンズ炒め

    苦瓜と豚肉のブラックビーンズ炒め

    脇屋友詞の本格中華

  • 野菜のスープ(出汁)

    野菜のスープ(出汁)

    片岡護の本格イタリアン

  • オリーブと大葉ペーストの冷製パスタ

    オリーブと大葉ペーストの冷製パスタ

    片岡護の本格イタリアン